メンバー一覧

森本 直記

プロフィール

森本直記

1982年,和歌山県生まれ
京都大学理学部卒業
スイス・チューリッヒ大学 理学博士(Dr.sc.nat)(2012)
京都大学大学院理学研究科動物学教室自然人類学研究室助教(2013)
専門:自然人類学

研究内容の紹介

CT(コンピュータ断層)等の3次元データを活用する3次元形態解析の手法を用いて、ヒト・類人猿における骨形態の進化、現在は特に二足歩行の進化を中心テーマとして研究を行なっています。

長骨の形態を定量化する形態地図法など、プログラミングによる新規手法の開発にも取り組み、積極的に応用しています。また、法医学で用いられているバーチャル解剖の手法を取り入れ、ヒト・類人猿の筋骨格構造を新しい視点から比較する取り組みも行っています。

これらの手法を組み合わせ、進化的適応、発生プログラム、そして生体内でのリモデリングといった種々の要因を多角的に検証することで、骨の機能形態を読み解こうとしています。

ページの先頭に戻る


お問い合わせ

京都大学大学院理学研究科 自然人類学研究室
〒606-8502
京都市左京区北白川追分町
TEL:075-753-4083(代表)

交通機関・アクセス